鬱病の患者へ接する時は慎重に扱ってあげましょう

再発予防

頭を抱える人

鬱病などの精神疾患は再発しやすいことで有名です。何度も病気が発症して苦しんでいる方も多いのです。再発を予防するには、再発防止の重要性をよく理解しておくことが大切になります。一般的に鬱病の治療は急性期と回復期、再発予防期に分かれるでしょう。特に気をつけたいのが回復期で、症状が回復したり悪化したりを繰り返しながら少しずつ状態を安定させていく期間です。この時、症状が回復したのを「病気が治った」と勘違いしてしまう方も少なくありません。回復期にはすぐに症状は悪化してしまうので、勝手に病気が治ったと思い治療を途中で止めてしまう方も少なくないのです。医師の判断もなく勝手に治療を中断してしまうと、鬱病の治療は振り出しにもどってしまいます。病気が完治させることが難しくなってしまうのです。一般的に鬱病の治療は、完治してからもある程度続きます。回復予防期には、病気が治って1年から2年程は薬物治療を行うのです。患者の状態によっては3年以上薬物治療を続けることもあります。鬱病などの精神疾患は再発しやすいので、このように再発予防にとても力を入れているのです。薬物治療を止めるかどうかの判断も専門の医師に任せるようにしましょう。勝手に薬物治療を中断してしまうと意味がないのです。また、この病気の再発予防にはいくつかのポイントがあるので、覚えておくと良いでしょう。一般的に上記で紹介したように薬物を利用した維持療法が効果的です。薬物によって状態を安定させるのが目的になるでしょう。また、認知をコントロールすることも大切になってきます。鬱病が発症する原因の一つに思考パターンが考えられます。基本的に悩み事を1人で抱え込んでしまうと、それが原因でストレスを生じさせてしまうのです。1人ではどうにもならないと考えるよりも、誰かに手伝ってもらおうと考えることで悩むことも少なくなるでしょう。思考パターンを変えることでストレスを軽減することができるのです。また、病気のサインにもよく注意する必要があります。有名なのが不眠です。入眠に時間が掛かるようになったり、入眠後に目が覚めやすくなっている方は注意が必要でしょう。このようなサインに気付いたら、すぐに専門の医師に相談することが病気の再発予防には大切になってきます。そして、鬱病再発予防にとても大切なことが周囲のサポートです。家族や友人などに協力してもらいながらしっかりと病気の予防に取り組みましょう。