鬱病の患者へ接する時は慎重に扱ってあげましょう

ストレスの種類

レディ

鬱病の原因は、主にストレスと言われています。ストレスには様々な種類があり、何が原因でストレスが生じるのかを理解することでストレスを軽減させることができるでしょう。ストレスを軽減させることができれば、鬱病の予防にも役立ちます。まずはストレスの種類について学んでいきましょう。一般的に多くの方が感じていると言われているのが社会的ストレスです。社会的ストレスは主に人間関係から生じるストレスで、学校や会社などで感じることが多いでしょう。個人が所属している場所や組織などでの人間関係、勉強や仕事に対する他人からの期待や重圧などが原因で社会的ストレスを生じます。社会的ストレスを感じやすい方は、真面目で几帳面、そして責任感が強い方です。このようなタイプの方は社会的ストレスを1人で抱え込んでしまうことが多いでしょう。1人でストレスをどうにかしようと頑張ってしまい、余計にストレスを生じさせてしまいます。ストレスの許容範囲を超えてしまうと、鬱病を患ってしまう可能性が高まってしまうでしょう。一般的に社会的ストレスは誰かに相談したりすることで軽減させることができると言われています。自分の限界以上に頑張ってしまう前に、誰かに相談することが大切なのです。心理的ストレスは心や感情の変化によって生じます。学業や仕事での挫折や自信の喪失、喪失体験によって落ち込んでしまうことで心理的ストレスを生じてしまうのです。また、怒りや悲しみといった感情を抑制することでも心理的ストレスが生じてしまいます。社会に進出すると、多くの方が怒りや悲しみといった感情を抑制する機会が増えるでしょう。そのような状態が続いてしまうとストレスを溜め込んでしまうのです。さらに感情を抑制すると身体は緊張してしまうので、頭痛や肩こりなどといった症状が現れてしまいます。引っ越しや結婚、出産などに伴う環境の変化から生じる環境的ストレスも鬱病の原因となるでしょう。身の周りの環境が劇的に変化することによって、環境の変化についていくことができなくなってしまいます。環境の変化についていくことができない自分に戸惑い、無理に変化を受け入れようとすることで環境的ストレスを生じさせてしまうのです。職場環境が変化した場合や、転校などの理由で環境的ストレスを感じることが多いので注意しましょう。女性の場合は結婚や出産などが原因で環境的ストレスを感じることが多いと言われています。身体的ストレスは病気や怪我などが原因で生じてしまうストレスです。病気で身体が思うように動かなかったりすることがストレスに感じてしまいます。さらに、病気のせいで様子がおかしいと思い込み、鬱病の発症を見逃してしまうことも多いのです。